MENU

パンチニードルで猫試行錯誤しながら作りました

こんにちはーお久しぶりです、シロボです。

相変わらず、手芸はしているのにyoutubeもサイトも更新しないという。でも更新しておかないと、いつくらいに作ったかわからなくなるので更新します。

実は最近、パンチニードルなるものにハマっています。

パンチニードル

あわせて読みたい

刺繍の一種なんですけど、針でチクチク頑張るやつより簡単で、なおかつ面白いかんじになるので楽しんでいます。

そんなパンチニードルで、猫ちゃんを作ってみました。

とても試行錯誤したので、その流れとか画像をただダダダーと載せていこうかなと思います。

目次

はじめての猫ちゃん

まず初めての猫ちゃんは、刺繍糸で頑張りました。

布も刺繍糸も刺繍枠もすべてダイソーのものですが、布は細かすぎずかといって粗すぎずといった布を選ぶ必要があります。

まあ、なんとなくやっていけばわかります。

そんでとりあえず猫ちゃんを下書きしました。

でもなんか違うな―って書き直しまくりました。

縫っていく

とりあえず縫っていくんですけど、なんか縫うっていうよりは刺すかんじなので刺すって言おうかな。

刺していきました。

刺したところを裏として、ループができた面を表にします。

ですから、このいまもこもこしているところをハサミで切っていくわけです。

ハサミで切る

どうしたらいいかわからないまま切っていきます。

途中、目と鼻口の刺繍もいれつつ。

できあがり。

裏にはボンドを縫って、ほつれないように処理します。

2つ目の猫ちゃん

あれはあれで可愛いけど違うんだよなあ。

と思ったので、2つ目の猫ちゃん。

こちらは中細毛糸を使用しました。

この毛糸使っています

あわせて読みたい
ハマナカ毛糸 ハマナカ ピッコロ ページ1 パンチニードルで利用しています。

刺してこー

この時点ではすごくかわいかったです。

もう、これでいいじゃんってかんじです。

このかごの部分はオパール毛糸を使用しています。

顔の部分、色混ぜたほうが良いかなって思って混ぜたけど一色でよかったですよね。

ハサミで切りつつ、目を入れると……なんか違うような……これはこれで可愛いけれど……

鼻の位置を完全にしくじりました。

3体目の猫ちゃん

なんか違うんだよな。

と思ったので、3体目の猫ちゃんです。

このこは並太毛糸でいきました。ダイソーのやつ。

刺してこー

もうこれだけでいいのにほんと。

あ、そうだ。並太はまた違うパンチニードル使ってるんですよね。

並太用パンチニードル

これは粗めの布じゃないと無理です。

かわいい。ひげみたい。

この時点でハサミで切っていきます。

整えつつ

耳でかすぎたわ。

なんかかわいいけど、ちがうなと。

のんたんみたいですね。

耳がでかすぎたな。

4体目の猫ちゃん

次こそは!ということで。

この子は中細毛糸でいきましたー。

刺してこー

この時点が一番かわいく感じる。

もうここで可愛かったです。この子。

丁寧にやることを覚えましたね。

あーかわいい。

かわいすぎる。

箱はオパール毛糸です。

目を入れたらもうこれはねえ。だめですよ。

可愛すぎ。

髭は、刺繍糸をほぐしてボンドを塗り、ぴんとさせながら乾かしたやつです。

ちょっと手間かけました。

最高の猫ちゃんが出来上がりました。

おわり

連日猫作ってました。

4体目の子が可愛くできて満足したので、この子はいったんここで終わりです。

youtubeにもなんかあげたいなー。パンチニードル。

ではまたー。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

手芸が好き。編み物をよくしているが節操なしなのでパンチニードルや植毛・羊毛フェルトにも手を出している。やりたいことがたまりすぎるとキャパオーバーして何もしなくなるためやりたいことをちょいちょい消化しなければならないとわかりつつ、毎日やりたいことがたまっていく一方。。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる